鉛筆

鉛筆などに名前を書いて入学準備

授業を受ける女の子

 

小学校に入学するときにはたくさんの入学準備が必要になります。

 

特に、持ち物のひとつひとつに名前を書くことは外せません。

 

鉛筆や消しゴムのように小さなものであっても、他の児童と混ざったりしないように、記していく必要があります。

 

その中で、昨今では、名入れのしてある鉛筆などを発注することもできます。

 

字を書くことができない保護者はそのようなものを準備してもいいです。

 

 

しかしながら、我が子の成長をお祝いする気持ちを込めて、一つずつ心を込めて記入するのもいいものです。

 

入学準備は、その記入などだけではなく、持ち物を大切にすることなどを同時に教えることも重要です。

 

個々に与えられる文房具を大切にできるように教える機会でもあるのです。

 

入学準備で、鉛筆は濃さで選びましょう

小学校への入学準備は希望と期待でいっぱいで楽しいものです。

 

毎日使う鉛筆や消しゴム、筆箱なども、お気に入りのもので楽しく学校生活を送りましょう。

 

そこでポイントとなるのは、鉛筆の濃さです。

 

 

子供はまだ手や指の力が弱く、鉛筆を持つこと自体初めてという子もいるので、最初はできるだけ濃いめの芯を選ぶことをおすすめします。

 

だいたい2Bあたりが先生方からもすすめられる濃さとなっています。

 

入学準備をするにあたって、キャラクターものの文房具などは一切禁止という学校もあるので、入学説明会や配布されたプリントをチェックしておくことも大切です。

 

無地の筆箱などは見つけようと思うと結構ないものなので注意しましょう。

 

鉛筆もまとめ買いしておけば安心です。